子供の小学校のPTA行事で、応急手当を学ぶ講習があったので参加しました。
地元の消防団を講師に迎え、AEDの使い方や胸骨圧迫法を実際に学びました。

どちらも一年ほど前に何かのイベントで体験したことがあるのですが、いざという時のために、きちんと講習を受けてみようと思いました。
事前にeランニングで講習を受けてからこの講習にのぞむと「修了証」がもらえます。

体育館に集まり、まず胸骨圧迫法を学びました。実際にどこを圧迫したらいいのか、圧迫する力や姿勢を学び、実際に人形を使って圧迫しました。
かなり力を入れなければいけません。これを1分間100回分の速度で30回やらなくてはいけないようです。

そしてAEDは、すべて機械が指示してくれるので音声に従って行うだけなので、簡単です。
それでも、実際、意識がなくなった人の前で冷静に手順がふめるのかと思うと自信がないです。
でも、倒れている人を目の前にして何もやらないよりは、やったほうがいいですよね。

ひととおり講習が終わり、AEDの使い方や胸骨圧迫法も少しは身に着いたので、いざという時に役立てるようにしていきたいと思います。